行政書士 軽部和夫 かるべ後見人事務所の成年後見制度とは

成年後見制度とは

成年後見制度とは 認知症の方、知的障がいのある方、精神障がいのある方など判断能力が不十分な方々を、支援する制度です。 判断能力が低下すると、介護施設を利用するための契約などの法律行為や財産管理など、自分ですることが困難になったり、悪徳商法の被がいにあわないかと不安になったりすることがあります。 このような方々のために、代わりに契約をしたり、財産を管理したりして、支えていきます。 成年後見制度には、既に判断能力が低下している場合に利用する法定後見制度と、判断能力が十分にある間に、依頼できる方に契約書で依頼しておく任意後見制度の二種類があり、また、法定後見制度には、後見・保佐・補助の三つの類型があります。

色々な制度・類型がありますが、これらは
本人の意思を尊重しながら、様々な状況に対応して
いけるようにと、考えられた仕組みです。
本人のためにどの制度を利用するのがいいのか、
しっかりと考えることが重要になります。


こんなときって、どうしたらいいの?

夫婦二人で暮らしています。近くに頼れる親族はいません。今は二人ともしっかりしていますが、高齢になり判断能力が低下してからの、契約や財産の管理のことが心配です。
元気な今のうちに、今後、どのような生活をしたいのか、財産をどのように管理していくかなどを、任意後見契約で決めておけば安心です。信頼できる方にライフプランを相談し任意後見を依頼しましょう。
認知症の母親と二人で一緒に暮らしています。日中、私が働きに出ているため、留守の間に高価な布団や着物を買っています。騙されているのではないかと、とても心配です。
母親に成年後見人がいれば、騙されている場合に契約を取り消すことができ、安心です。信頼できる方にお願いするか、もしくはあなたご自身で母親の成年後見人となってみてはいかがですか?
幼い頃から軽度の知的障がいがあります。最近、同居していた母親が亡くなりました。自宅で一人暮らしするのに不安を感じ、グループホームに入所しようと考えていますが、契約内容がよく分からず、一人で手続きをするのが心配です。
成年後見制度を利用すれば、成年後見人が代わりに契約を結んでくれるので、とても安心です。親族や信頼できる第三者の方に成年後見人等になってもらいましょう。
知的障がいを伴う息子がいます。今は私が面倒をみています。高齢になり、私自身のことにも不安を覚えるようになり、今後どのように息子を見守っていけばいいのか、私が亡くなった後、息子はどうなるのか、心配です。
成年後見制度の利用、遺言や信託による財産の管理など、色々な対処法がございます。ご自身の今後についても考えていく必要もあるのでは・・・。まずは、後見人コンシェルジュに相談してみて下さい。